詩織とナカのグレインフリーキャットフード調査隊

セクシーOL詩織とモヒカンロッカーのナカがグレインフリーキャットフードについて調査します!各メーカーのおすすめ、口コミ、評判、評価も紹介します。

キャットフード一覧 グレインフリー

グレインフリーのキャットフードを口コミと評判から比較しました!

2016/09/15

新しい情報が入ってき次第、変更していこうと思いますが、最新のグレインフリーのキャットフードを紹介します!

詩織さん
私が実際に買って試したものから、ネットで評判のものまで、グレインフリーのキャットフードについて紹介するわ。

ナカ
どんなものがあるか楽しみッス!

もくじ

  1. カナガン
  2. ジャガー
  3. シンプリー
  4. オリジン
  5. now FRESH
  6. go!
  7. アーガイルディッシュ
  8. ソリッドゴールド
  9. ジウィピーク
  10. ハッピーキャット
  11. ナチュラルチョイス
  12. ウェルネス

カナガン

カナガン

詩織さん
まずはネットで一番販売されていると思われるグレインフリーのカナガンね!

ナカ
なんでそんなに売れてるんスか?

詩織さん
豆類も含まれていない純粋なグレインフリーのキャットフードは少ないの。その中でもカナガンは豆も含まれていない純粋なグレインフリーということもあると思うわ。

ナカ
詩織さんがあげている時はどうだったんスか?

詩織さん
じゃ私があげた時も含めて紹介するわね!

いい情報も悪い情報も沢山でてきて、それだけ購入している人が多いカナガン。貴重な「豆」も含まれていないグレインフリーのキャットフードです。他には豆も含まれていないグレインフリーは他に見当たりませんでした。日本では穀物の定義として、広義では豆類も含まれることになっています。海外では米、麦、とうもろこしだけが穀類扱いなんでしょうか?他にも豆が含まれていないグレインフリーのキャットフードがあったら教えてください!

今はジャガーをあげているのですが、その前にカナガンをあげてみました。1袋だけでジャガーに変えてしまったので「毛艶がよくなった」や「目が綺麗になった」はハッキリとはわからなかったですが、いい点も悪い点も概ね口コミ通りで、うちの場合は非常に良く食べました。そして便がかなり臭くなりました!これが「肉食」か!と思うほどです(笑)ジャガーに変えてみたのは、我が家は狭いので便の匂いが部屋に広がったので、もっと臭わないものはないかと探したことと、1日の給餌量が少なくて、もう少しあげられるものはないか探した結果です。

いい情報は、

  • 米、麦、とうもろこしだけじゃなく、豆も入っていない完全なグレインフリー
  • 食いつきがいい
  • 便の調子がいい
  • 毛艶が良くなった
  • 目が綺麗になった
  • 美味しいのか凄く欲しがる

大体このような口コミが見られます。

悪い情報は、

  • 全く食べなかった
  • 便が臭くなった
  • 便が柔らかくなった

がかなり多いですね。使っている原材料、工場は確かにいいようなので、食べる食べないは猫の好みでわかれそう。便が臭くなったのは穀物の含有量が多いキャットフードから肉メインで穀物の含まれていないキャットフードに変えたことで本来の「肉食」らしい便になったという見方が正しそうです。

便が柔らかくなったのはもしかしたらチキンアレルギーということが考えられるそうです。猫の食物アレルギーは肉食なのに牛肉、魚、チキンの順で多いらしく、チキンでもアレルギーが出ることがあるみたいなので、猫に合わなかったということも考えられますね。

ナカ
詩織さんでもこれ以外に豆が含まれていないグレインフリーのキャットフード知らないんスすか?

詩織さん
私も原材料を全部見て購入するようになってからはグレインフリーについて教えてもらってからなの。それから全部のグレインフリーキャットフードの原材料を調べてないんだけど、今までのフードであったかもしれないわね!あったら是非教えてほしいわ。

ナカ
それなら俺も探してみるッス!

>>カナガン公式サイトはこちら

 

ジャガー キャットフード

ジャガー

詩織さん
次は今私の猫にあげているジャガーね。

ナカ
詩織さんと一緒のにしようかな・・・

詩織さん
少し高いけどいいフードよ。マグネシウム含有量が多いから男の子の場合は違う選択肢も出てくると思うわ。

ナカ
うち男の子ッス!

詩織さん
じゃそれも含めて紹介するわね。

チキンと魚の配合量がかなり多くて、肉食のための食事といった印象です!ジャガーはグレインフリーのキャットフードとしては、豆が入っているので完全な穀物不使用ではないみたいですね。「穀物」の定義では米、小麦、とうもろこしが3大穀物で、広義では豆類も入るということです。それ以外の材料も凄く良さそうで、公式サイトでもパッケージデザインも原材料のよさ、配合のよさが感じられます。

実はこのジャガーを買ってあげているんですが、開ける前からわずかにチャック部分から匂いがするようで、これを開けろ!と言わんばかりにカリカリと爪を立てて、頭をこすり付けました。開けたら相当食べて、一回分があっと間になくなって足りないようです・・・半月あげていますが、やっぱり足りなそうで、結局推奨量より多い量をあげています

そして食べた後すぐに血糖値があがらないように配慮されているらしく、実際私の愛猫も落ち着いて食べています。凄いがっついて食べるわけではないのに、気付けば全部なくなっていますね。サイエンスダイエットをあげていた時は全部食べることはなかったので、カナガンジャガーもすぐ全部食べてしまうし、やっぱり違うものなら食べるんだなと感じました。

いい情報は、

  • 原材料が魅力的
  • カナガンと比べてもこっちの方が好きそう
  • 今までよりもご飯を楽しみにしている
  • 元気になった(活力が沸いているようなど)
  • しっかりした便が出るようになった

悪い情報は、

  • 開けた時の匂いが強め
  • マグネシウムの含有量が多いので尿路結石が心配
  • 高い

というものでした。ジャガーのマグネシウムの含有量は、魚を沢山入れると、骨がある分、カルシウムと一緒にマグネシウムの含有量も増えてしまうみたいです。どちらとも言えない情報に、「他のキャットフードを食べなくなった」というのもちょこちょこと見つかりました。好きだということみたいですが、他を全然食べないのもそれはそれで心配になります。

ナカ
肉も魚もってところはかなり魅力的ッスね!それにちゃんと全部食べるってところも気になるッス。

詩織さん
そうなの。私も原材料で選んだわ。それに実際に全部食べるのよね。今までは全部食べるにはかなり時間をかけて少しずつって感じだったから、カリカリは全部食べないもんだ位に思ってたけど、とんだ勘違いね。

>>ジャガー公式サイトはこちら

 

シンプリー

シンプリー

ナカ
随分可愛いキャットフードッスね!

詩織さん
私もそれで気になってたけど、シンプリーは実は先月(2016年8月)までグレインフリーじゃなかったのよ。

ナカ
え?変わったんスか?

詩織さん
そうなの。公式サイトで特に告知されていないから、まだ買っていないんだけど原材料から全部情報は書き換えられているわ。

ナカ
前はどんな感じだったんすか?

詩織さん
以前はサーモンを豊富に含んでいたけど、米も多く含んでいて、オーツ麦も含まれていたわ。原材料のクオリティが高いグレインフリーじゃないキャットフードって感じね。でも非常に評判は良かったの。

ナカ
それでも評判よかったんスか?

詩織さん
日本では魚系が好きな猫も多くて、シンプリーは今まで食べている穀物入りのキャットフードを原材料から配合までをレベルアップした感じだったの。だから猫が違和感なく食べてくれたのかもしれないわね。でも前のシンプリーはもう売っていないようだから、今回は新しいバージョンのシンプリーを紹介するわ。

シンプリーはサーモンの配合量が多い、魚系のグレインキャットフード。サーモン、マス、ニシン、乾燥白身魚など魚で73%も配合されています。さつまいも、じゃがいもも多めに配合することで炭水化物や繊維質にも注意を払っていますね。原材料は以前のシンプリーに比べると全部と言っていいほど入れ替わっていて、もう違う製品と言っていいと思います。たんぱく質が37%、脂質が20%でかなり高たんぱく、高脂質。リンとマグネシウムとカルシウムのバランスもよくて、見本的なグレインフリーキャットフードに変更されました。

このバランス、原材料になったことで魚系のグレインフリーではシンプリーが1番いいかもしれません。ただ今までのシンプリーを好んでいた猫には、全く違うものとして認識されるかもしれません。もし新しいシンプリーを購入した方がいたら是非感想を教えてほしいです。

>>シンプリー公式サイトはこちら

 

オリジン

オリジン

詩織さん
オリジンは海外でも非常に評価の高いキャットフードよ。

ナカ
世界的な評価があると安心ッスね。他のグレインフリーと違うんスか?

詩織さん
原材料も配合している種類も素晴らしいわ。かなり豪華よ。そしてたんぱく質や脂肪、リン、カルシウム、マグネシウムなど栄養バランスも素晴らしいわね。

オリジンはカナダのチャンピオンペットフーズ社が製造・販売しています。外部委託を行わず、全て自社の管理下で作られ、原材料の飼育、漁獲までを把握している自社工場を持つキャットフード製造会社です。

不適切な高血糖穀物や植物性たんぱく質を除去して、適正なたんぱく質を豊富で高品質な原材料で配合しています。肉原材料が80%、果物20%、穀物0%になるように考えられた配分で、猫本来の食事をサポートできるように作られています。更にオリジンでは製造工程で水を使わないところも魅力的。原材料の水分で十分作ることができる瑞々しい材料を使っていることがみてとれます。

ただその分価格が高めオリジンが2.27kgで6,242円なので1kg辺り2,750円と、上記で紹介したカナガンジャガーシンプリーが概ね1kg辺りで2,666円程度だったことを考えると多少高め。それでも魅力的な十分に選択肢に入ってくるグレインフリーキャットフードです。

いい情報は、

  • 原材料が魅力的
  • 評価の高さが安心にも繋がっている
  • オリジン以外はもう与えていない
  • ビタミンやミネラルまでしっかり考えられていて、自分が気にする必要がない

悪い情報は、

  • 値段が高く買い続けるのが大変
  • 匂いが弱めだからか食べなかった
  • 余り美味しそうに食べなかった

いい材料の「自分で気にする必要がない」というのは本来そうあるべき姿だと思います。メーカーが自信をもって猫にいいキャットフードを作っていれば、消費者が猫にとって悪いものを探すことはなくなるはずですよね。そして意外にも「食べなかった」という口コミが多いです。より自然に近づけているからこそ、余計な匂いがしないので、他のキャットフードに比べると匂いが弱めで、猫にとって美味しそうに感じないのかもしれません。

詩織さん
実は私も食べないという口コミを見て買えずにいる一人です。

ナカ
値段の高さ考えると、食べなかったら悲惨スね!

詩織さん
340gで1,240円のものもあるから、オリジンはこのサイズから試した方がいいかもしれないわね。

>>オリジン公式サイトはこちら

 

now FREASH Grain Free アダルトキャット

NOW

カナダ産のnow FRESH。ターキー、ダック、サーモンの生肉だけを主たんぱく源とし、ミートミール(乾燥肉粉)などの使用をしていない100%フレッシュミート(100%生肉使用)。生肉だけでたんぱく質も31%以上と十分なたんぱく質を確保していて、脂質も18%以上と肉が主成分らしい成分表です。

特筆すべき点が2点あり、一つ目は動物性油脂を使用していないこと。レンダリングされていないココナッツオイルとキャノーラオイルといったフレッシュオイルのみを使用しています。危険性の高い動物性油脂を使っていない点はかなり高評価じゃないでしょうか。二つ目はベリー類、野菜、フルーツが20種類以上含まれていて、ナチュラルなものだけで栄養分を配合しています。

いい情報は、

  • 動物性油脂を使っていない
  • 植物性油脂なのが安心できる
  • 肉類がフレッシュミートだけという原材料が凄い

悪い情報は、

  • 価格が高い

詩織さん
動物性油脂を使っていないグレインフリーキャットフードは珍しいわ。

ナカ
肉副産物の心配が完全になくなるッスね!

詩織さん
価格は1.81kgで5,316円 、1kg辺り2,937円とかなり高価な部類だけど、この価格帯になってくると心配する要素は大幅に減ってきているわ。

ナカ
1.8kgだと一ヶ月持つかどうか怪しいからもうちょっとかかるッスかね?

詩織さん
3kgの猫なら1日50gで36日持つわ。経験上、実際はそれじゃ足りないっていうと思うから2袋合った方が安心かもしれないわね。

 

go!

go!

nowの姉妹ブランドのgo!もカナダのドッグフード、キャットフードブランドです。

go!の特徴はなんといっても高たんぱくなところです。肉にミール類も配合されてはいますが、たんぱく質が48%と高タンパク質の割には脂肪が18%以上と適度に抑えられ、繊維質も1.5%以下と抑えられています。動物性油脂は鶏脂肪を使っていますが、酸化防止剤はミックストコフェロールで酸化防止をしているときちんと表記され、安心感があります。リン、カルシウム、マグネシウムのバランスもよく、さすがこの価格帯は文句がない仕上がりです。now FRESHとgo!はたんぱく質の量で決めればいいのではと思います。

いい情報は、

  • 超高たんぱく

悪い情報は、

  • 価格が高い

ナカ
高たんぱく、低炭水化物に徹底してるんスね!

詩織さん
それがgo!の売りのようね。

ナカ
値段はどうッスか?

詩織さん
価格は1.81kgで5,292円だからnowと数十円しか変わらないわ。

ナカ
1粒が5mm位でちょっと小粒に感じるス。

詩織さん
確かに小粒ね。ただnowも5mmない位だから、このメーカーは小粒な方なのかもしれないわ。

 

アーガイルディッシュ ワトルキャット

アーガイルディッシュ

オーストラリアの会社が作ったキャットフードで、特筆すべき点は「カンガルー肉」を使っているという点です。ラム肉も含まれていて、チキン、ターキー、サーモン辺りが主流の日本から考えると凄い原材料に感じます。そして人間のフード、ドリンクなどでも一躍人気となった健康フードのチアシードが入っているちょっと変わったキャットフードです。

たんぱく質は36%以上、脂肪は11%以上と問題なく、カルシウム、リン、マグネシウムのバランスも問題ありません。中でもマグネシウムの含有量の少なさは特筆すべきです。粒の大きさは0.5mm程度と小粒で食べやすい部類です。4kgと大きなパックもあるので多頭飼いにも安心です。

ナカ
チアシードってカエルの卵みたいなやつスか!

詩織さん
言い方(笑)そうね、カエルの卵みたいな見栄えだけど、ダイエット食なんかにも使われているわね。

ナカ
カンガルー肉やラム肉と変わったものばかりっスね。

詩織さん
日本の感覚で考えると随分と突拍子のないものが入っているように感じるけど、カンガルー肉もラム肉も猫にとっては問題はないわ。

ナカ
アレルギーについて良く考えられてるみたいで、敏感な猫によさそうッスね。

 

ソリッドゴールド インディゴムーン

ソリッドゴールド

プレミアムフードの中では割と安価なソリッドゴールド。1.5kgで4,000円程度が多い中、1.8kgで3,500円位と量も多く、値段は安めの設定になっています。高たんぱくでミネラルの配分も問題なく、油脂もカノーラ油を使い、酸化防止剤についても良く考えられています。価格が安い理由はミール類を使っていることだと思います。生肉ではなくチキンミール、オーシャンフィッシュミールを使うことが価格にも反映されているようです。しかしその他が非常によく考えられているので、少しでも価格は抑えたいけどグレインフリーのキャットフードを与えたいという場合にはちょうどいい選択肢になりそうです。

詩織さん
ソリッドゴールドは値段と栄養、原材料のバランスが非常にいいグレインフリーキャットフードよ。

ナカ
1kg辺り1,944円っすね。2,000円切ってるとかなり安く感じるッスね!

詩織さん
平均的には2,666円くらいだから大分安いと言えるわね。

ナカ
自分はソリッドゴールド、買ってみようかなって思ったッス!値段の安さと内容のバランスがいい感じッスね。

 

ジウィピーク エアドライ・キャットフード NZグラスフェッドビーフ

ジウィーピーク

90%がビーフ生肉、ビーフレバー、ビーフラング、ビーフトライプと肉で構成されている高級グレインフリーフードです。たんぱく質は34%、脂肪は28%と肉らしい成分配合です。水分が14%以下と少し多めになっていますね。カルシウム、リン、マグネシウムの配合量にも問題はありません。オメガ脂肪酸も豊富に含まれ、タウリン、リノール酸と一緒に摂取するべき、アラキドン酸もしっかり配合されています。エソシキシン、BHA、BHT、メラミン、プロピレングリコールは全て未検出で、しっかりと配慮しています。

それもそのはず。100gで1,000円程もする超高級キャットフードです。ニュージーランドで取れた素材を使い、ニュージーランドの工場で生産している、生粋のニュージーランド産キャットフードです。お金に余裕のある方であればぜひともあげてみて欲しいキャットフードです。

詩織さん
これは私もまだ買ったことないわ。

ナカ
100gで1,000円ってバカ高ッスね!自分が食べてる肉は100gで100円位っス!

詩織さん
私もそんなものよ。だからなんでこんなに高いのかちょっと疑問に思うわ。

ナカ
凝縮されてるってことッスかね・・・?

詩織さん
栄養バランスを考えて配合するのに、その位かかるのかしら。あげてみた人の感想を是非教えてほしいわ!

 

ハッピーキャット ラ・キュイジーヌ

ハッピーキャット

低アレルゲン、グルテンフリーのキャットフードです。消化吸収率が90%以上と非常に無駄のない配合になっています。味はオーガニックチキン、鴨、チキン&シーフィッシュ、ラビット&ビーフと4種類あります。ただしグレインフリーはラビット&ビーフのカニンヘンだけなので注意してください。日本ではうさぎ肉はかなり珍しい存在ですね。鶏肉、魚にアレルギーのある猫もいるので、そういった場合には貴重な選択肢になってきます。天然シリカで毛玉の排出もサポート。日本では珪素、ケイ素といわれ、麦や穀物、じゃがいもなどに豊富に含まれ、海水中にも存在し、海草や貝にも含まれています。

デリケートな猫にしっかりと対応した4種類でアレルギーがある場合には素材も選ぶことができるので人気のあるキャットフードです。

ナカ
うさぎ肉のだけがグレインフリーって相当珍しいッスね。

詩織さん
そうなの。他の3種類には米粉が入っているから選択には注意が必要ね。そしてグレインフリーのカニンヘンは1.8kgで5,400円と1kg辺り3,000円と少し高価ね。

ナカ
材料費っスかね?

詩織さん
他の3種も同じ値段だからうさぎ肉が特別高いというわけでもないわ。低アレルゲンなので、その辺りに気を使う猫の場合はおすすめね。

 

ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルト ダック

ナチュラルチョイス

ニュートロナチュラルチョイスは非常に人気があるシリーズで、穀物フリーのシリーズの発売を開始しました。自社工場で生産し、検査基準も厳しいもので安心感があります。ナチュラルチョイスはサイエンスダイエットやロイヤルカナンと同じく日本でもともと人気があるキャットフードなだけあって、この穀物フリーも人気が出そうです。

ダック生肉、乾燥チキン、乾燥ダックがメイン材料となっています。たんぱく質は33%、脂質が16%、リン、カルシウム、マグネシウムのバランスも問題ありません。そして何よりも価格の安さが魅力です。実売価格が2kgで2,990円なので、1kg辺り1,500円程度です。ビートパルプが含まれている点はやや考えますが、甜菜から砂糖を作り出した残りカスですが天然のものではあり、価格の安さを考えると妥協できる点ではあると思います。

ナカ
やっぱり価格が安くなれば必ず犠牲になる部分って出てくるんスね。

詩織さん
それは仕方ないわね。こうやって一覧としてみていくと、値段に対する内容物を比較できてよくわかるわ。高いもの、安いものはそれぞれにきちんと意味があるのよ。

 

ウェルネス コア

ウェルネス

ウェルネスのコアシリーズは穀物不使用のグレインフリーのキャットフードです。骨抜き七面鳥、骨抜きチキン、骨抜き七面鳥&骨抜きチキン&チキンミールのオリジナルと成猫用で3種類あります。骨抜き七面鳥を例とすると、たんぱく質含有量は38%、脂肪18%と文句なく、カルシウム、リン、マグネシウムのバランスは比率としては2:1:1なのでリンがやや少ないですが問題はないですね。酸化防止剤は自然のものだけを使い、着色料などの余計な添加物は使用していません。

成分バランスも問題がありませんが、価格は実売で400gで1,264円と1kg辺り3,160円とやや高価な部類に入ります。その分、オーガニック食品を使い、グレードの高い食材で納得のいく仕上がりです。とても歴史のある優良ペットフード会社で動物の栄養学に関してしっかりと考えられてきました。会社として歴史も信用もでき、健康志向の方におすすめしたいキャットフードです。

ナカ
ウェルネスは有名ッスよね。

詩織さん
長年の歴史もある会社で、日本ではまだ販売が始まっていない時期もあったけど、最近はより手に入りやすい状況が整ってきたようよ。

ナカ
買ってみたい人沢山いると思うんスよね。でも予想よりちょっと高かったッス。

詩織さん
今はいいグレインフリーが沢山あるから、確かに値段は高いかも。健康志向が非常に強い会社だから、オーガニックフードを使ったキャットフードがいい場合にはおすすめね。

-キャットフード一覧, グレインフリー