詩織とナカのグレインフリーキャットフード調査隊

セクシーOL詩織とモヒカンロッカーのナカがグレインフリーキャットフードについて調査します!各メーカーのおすすめ、口コミ、評判、評価も紹介します。

グレインフリー

グレインフリーのキャットフードは猫の腎臓に優しい。猫に一番多い病気・腎臓病予防

2016/08/31

猫の病気

腎臓が悪い猫には消化がしにくい穀物を除いた食事を用意してあげるのは大きなポイントです。

詩織さん
グレインフリーが猫の腎臓病予防にも役立つことを少しみていきましょう。

ナカ
アレルギー対策の次は腎臓病予防ッスね。

 

猫に一番多い病気・腎臓病の対処法は?

猫が高齢になると腎臓病を患うことが多くなります。猫の腎臓は数十万個のネフロン(腎臓の機能単位)でできていて、尿と共に毒素を体外に排出する役割を担っています。ほとんどのネフロンが機能しなくなると尿毒症になり、嘔吐や下痢症状、また水分の過排出による脱水症状を引き起こします機能しなくなったネフロンは元に戻ることはありませんが、点滴で保水してあげることで症状を改善できることがあります。

病気の改善は難しいですが進行を遅らせることは可能です。また点滴の他には食事療法も重視します。腎臓の機能が落ちると余分なリンを排出できなくなり、さらに病気を悪化させてしまうので、リンが少ないキャットフードを選びます。それから本来肉食である猫は適量の動物性タンパク質が必要なので、制限しすぎるのはよくありません。反対に不必要な植物性タンパク質は制限が必要なので、その点においてはグレインフリーのキャットフードは最適でしょう。

 

できるだけ病気のリスクを減らしてあげたい

市販のキャットフードで安価なものは粗悪な穀物でかさ増ししているものが多いです。穀物が多いと代謝が悪くなり中々体に吸収されないため、血糖値が上がってしまいます。血糖値が高いままだと腎臓に負担がかかり、特に肥満気味の猫は普通の猫より腎臓病にかかるリスクが高くなります。またマグネシウム含有率も0.1%くらいまでに留めることも腎臓病予防になります。

それから物言わぬ臓器といわれる肝臓を患いやすいシャム猫は、高品質のタンパク質と高消化性の炭水化物を含むキャットフードを与えることが望ましいとされています。高消化性の炭水化物とはイモ類や豆類などで、猫が特に消化しにくいイネ科の穀類は与えないほうがいいでしょう。そういうときはイネ科の穀類が使われていないグレインフリーのキャットフードを与えるといいかもしれません。

詩織さん
腎臓は猫の命にも関わる大切な臓器よ。

ナカ
病気のことを勉強している間に、猫が歳をとる前にちゃんとしなきゃと思えてきたッス・・・

詩織さん
次は肝臓病予防に関してよ。

-グレインフリー